MENU

精神的ショックによって引き起こされる記憶喪失について

スポンサーリンク

「私はだれ、ここはどこ」なんてセリフ、友達との会話の中で冗談として発したことがある人も多いのはないでしょうか。
精神的ショックを受けたり頭を打ったりすることで記憶喪失になる、というのは小説やマンガの中でしばしば見かけるエピソードです。
多くの人は、こういったものから得た知識として、記憶喪失というものはなんとなくこういうものだ、とおぼろげに把握しているのではないでしょうか。
しかし、身近なところで記憶喪失を体験した人がいるという話を聞くことはめったにありません。
実際のところどのようにして記憶を失ってしまうという状態が起こるのか、治療方法はあるのか、正しい知識を有している人は多くはありません。
あくまで知っているのはフィクション世界でのことで、本当にそのような症状が現実にあるのかどうかさえ疑問に持つ人もいるでしょう。
しかし、この記憶喪失というのは現実に存在する症状であり、もしかしたらいつか身近な問題として対面することがあるかもしれません。
正しい知識を知っておくことは、決して無駄なことではないでしょう。

スポンサーリンク

記憶の喪失にはいくつかの要因があげられます。
まず、精神的ショックを受けるなどして精神的ストレスを感じ、心に強い負担を受けたことで起こる心因性のものがあります。
また、頭部に強い衝撃を受けるなどして起こる外傷性のもの、薬や飲酒によって引き起こされる薬剤性のもの、そして認知症によるものなどがあげられます。
記憶喪失には、喪失される記憶と、喪失しない記憶とがあります。
意識的に覚えている日常のこと、自分や家族、周りの人の個人情報などは失ってしまいます。
それに対して、例えば言語など日常生活をしていく上で、最低限必要な知識は失われていないことが多いのです。
しかし、頭部に損傷を受けた場合には、こうした記憶まで喪失してしまうこともあります。
記憶の喪失の原因には、自分の心を保護する防衛本能が働いていることがしばしばあります。
そのため、心の負担となった恐怖や不安などに関係する記憶が失われていることが多いのです。
治療は専門の医師によって行われます。
薬物と催眠を使用した面接によって、記憶の空白期間を埋めていきます。
記憶を喪失した原因には恐怖や不安など精神的ショックを引き起こした出来事があり、治療には専門の知識と細心の注意が必要となります。
こうした治療によって多くの人が記憶を取り戻し、カウンセリングを続けることなどで再び元の生活を送ることができるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加