MENU

頭打ったことで記憶喪失になってしまいます

スポンサーリンク

記憶喪失と聞くと、テレビのドラマの世界の話であまり身近に感じない人も多いです。
しかし、意外に身近に記憶喪失になってしまうこともあります。
脳震盪で記憶喪失になってしまうこともあります。
脳震盪とは、脳が激しく揺れてしまい起こってしまう脳の障害です。
例えば、野球でデッドボールで頭打ったり、ボクシングなどでパンチやキックで頭打ったりなど、スポーツの世界では身近に起きてしまう危険があります。
しかしスポーツの世界だけではなく、普段生活している中でも脳震盪になってしまうこともあります。
足を滑らせてしまい階段から落ちてしまったり、転んで思い切り頭打ったり、普段の生活の中で気をつけていても事故にあったりしてしまうこともあります。
その事故の衝撃によって脳が激しく揺れてしまい、脳震盪を起こしてしまうこともあります。
脳震盪にもレベルがあり、症状によってレベル分けされます。
ただ頭打ったからといって全てが脳震盪になることもありません。

スポンサーリンク

脳震盪を起こしてしまうと次のような症状が起こってしまいます。
1つ目は、めまいやふらつきを感じたり意識喪失です。
2つ目は、嘔吐や意識喪失です。
3つ目は、錯乱や失見当や頭痛です。
4つ目は、見るのもがぼやけて見えたり、ものが2重に見えてしまうこともあります。
頭打ったあとにこのような症状が出たら、脳震盪の疑いがあるので病院で診察してもらいましょう。
脳震盪には短期症状と長期症状とがあります。
短期症状の場合だとこのような症状が起こってから、数分から数時間で症状がおさまります。
長期症状になってしまうと、数週間たっても症状が改善されないときもあります。
脳はとても重要な役割を果たしています。
少し頭を打っただけだとしても、ぶつけるところが悪かったりすると、頭痛やめまいなどの症状を起こしてしまうかもしれません。
脳震盪はしばらく安静にしていれば、改善されていきます。
もし安静にしていても症状が落ち着かなかったり、違う症状が出てきてしまった場合は早めに病院に診察を受けに行ってください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加