MENU

一過性健忘症の再発とは

スポンサーリンク

昨今において、一過性健忘症にまつわる話題が沸騰しているのは、それだけ多くの人が関心を寄せていることを物語っているといえるでしょう。
この病気については、その名前にもある通りに、一過性のものであり、時間が経つとすぐに回復するのが特徴とされています。
一般的には、一定の年齢を迎えることによって発症することから、加齢が原因の一つとされています。
気をつけなければならないのは、治ったと思っても、再発する可能性があることです。
専門医にこまめに診てもらうことが必要です。
一過性健忘症については、高齢化社会の進行に伴い、症状が発生するケースが続出しており、医療機関を受診する人の数が急増しています。
中には、本人からではなく、配偶者や家族に促されるなどして、医師のもとを訪れる人も多くいます。
一過性健忘症の診断基準としては、物忘れ以外に主だった症状がないことや、てんかんや発作なども起こっていないことなどがあげられます。

スポンサーリンク

一過性健忘症は、再発の恐れがある病気です。
他には、症状があらわれないため、一見すると健康そうに見える方でも、罹っていることがあります。
一般的は物忘れと似ていることから、単に加齢によるものとして、医療機関に訪れることを先送りしてしまうことにつながりますので、注意が必要です。
端的にいえば、記憶喪失となります。
通常の場合、脳波には以上があらわれないことから、MRI検査でも見つけることが難しいとされています。
最近の医療技術の進歩により、一過性健忘症の発作が起こった後では、海馬に異常が見られるケースもあり、静脈の一部に血流障害が認められることもあります。
通常の場合には、すぐに治ることから、医薬品を用いることはありませんが、患者の精神不安の大きさによっては、抗不安薬が処方される場合があります。
再発の恐れもあるため、本人はもとより、家族や仲間のサポートが重要になります。
風邪やケガなどとは異なり、症状がわかりにくいのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加