MENU

一過性健忘症とは心理的ストレスが原因の一時的な記憶障害の症状

スポンサーリンク

一過性健忘症とは普段と変わらぬ普通の一日であったのに、今日一日の出来事や数時間前の仕事の内容などが何の前触れもなく突然思い出せなくなる病気です。
この病気は一時的な記憶障害であり、中年以降の人に多く発症します。
発作は通常4〜5時間程度で治まりますが、同じ質問を繰り返したりする事で周囲の人に異常を発見されることも多々あります。
症状は数時間前に自分が何処で何をしていたのか思い出せない状態で、自分の名前や住所を忘れてしまう様な重い記憶障害とは違います。
またこの病気の特徴的な症状として「数時間前の事は思い出せないが、昔の事は思い出せる」と言う特徴もあります。
発作も長くても24時間以内で治まるのが普通で、記憶以外の脳機能障害や意識障害を伴う事は無いと言われています。
しかし症状が正常な状態に戻っても発作中の出来事は全く思い出せないのがこの病気の特徴です。
この発作を繰り返し起こす事は稀であり、再発する割合も低いものです。
また、一過性健忘症とは発作を経験する人の割合も低く、一生の内に一度有るか無いかの割合で、ほとんどの人は経験する事は無い病気です。

スポンサーリンク

一過性健忘症とは一時的に記憶を忘れる障害であり、何か重い病気の前触れと言うほどの深刻なものではないと言われています。
この発作を起こす原因ははっきりとは解明されていませんが、過労やストレス、激しい興奮状態などがきっかけになる事があると言われています。
こうした何らかの原因により、人の記憶に関係する脳内の海馬と言う部分に血流障害が起こる事が一過性健忘症を起こす原因と考えられています。
しかし安静に生活していた状態でもこの発作をおこす事もあり、はっきりとした原因は不明です。
一過性健忘症とは一時的な記憶障害であり、何もしなくても回復してしまう病気なので診療を受ける必要はないと言う意見もあります。
しかし激しいストレスや運動が原因となった場合に、大動脈解離などど合併する危険もあります。
この病気を発症してあまり深刻になる必要は無いと言われていますが、心配であれば原因を突き止める意味も含めて診察を受けるのも大切な事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加