MENU

記憶喪失に対する治療法

スポンサーリンク

記憶喪失の治療法では、様々なことを試してみる価値があります。
まず一晩眠ってみるという方法もあります。
眠ってみて、また目を覚ましていたらなくしていた記憶をきれいに取り戻しているというケースも非常に多いです。
また行動に関する記憶を失った場合、例えば運動の仕方など何かの仕方を忘れたときには家族や友人恋人が患者本人とゆっくり気長にリハビリをすることが求められます。
催眠療法というものがとられることもあります。
患者を催眠術にかけ、記憶を呼び起こそうする作業をする治療法で、これは記憶喪失になる瞬間の前後の記憶も強く呼び戻されることがあるので記憶喪失になった原因が軽い事故やちょっとしたことの場合に試されます。

スポンサーリンク

ただし注意点として、治療の際に無理やり思い出そうとするのは厳禁です。
断片的に思い出すことができたとしても、記憶の順番がばらばらになって自分の中で記憶が支離滅裂になってしまう危険性があります。
また思い出そうとすることは患者本人にとって非常にプレッシャーとなり、精神的にも疲れてしまいます。
また断片的な記憶喪失の場合は、ストレスの多い人がなりやすいのでそのストレスを取り除くというのも一つの治療法です。
そしてなるべく家族や周りの人が現実を認識させることも、色んな治療法を試しながらできる治療です。
好きだった音楽や本、昔の写真などを見せたり聴かせたりすることも断片的に記憶を取り戻す手がかりになります。
記憶喪失には様々な治療法を試していきながらもゆっくりと気長に治療をするという気持ちが、重要になってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加