MENU

熱中症の特徴と脳への障害と記憶喪失

スポンサーリンク

熱中症とは、高温の環境下において、身体の適応が上手くできず、障害として表れる状態の総称を呼びます。
高温の環境下と聞くと、よく屋外で日光に直接さらされる環境を想像しますが、それだけではないのです。
屋内でも熱中症を発症する可能性が充分にありえます。
近年ではエアコンが普及し、屋内の環境が著しく変化しています。
しかし、エアコンは電気代を多く消費するということで、安易に使用しない人が多いのです。
そのため、屋内の室温が急激に上昇し、脱水症などの症状が表れ、ひどい頭痛になったり、体の様々な箇所に支障をきたします。
実際は、最近のエアコンなどの家電製品は、電気代を抑えるため様々な工夫がされており、危険だと感じる前に、使用するべきものです。

スポンサーリンク

 熱中症の症状には、軽症のもので、激しい運動をしている際に、ふくらはぎの痙攣を起こすものがあります。
その次に、二段階目として、疲労感やめまい、吐き気や頭痛などがあり、嘔吐や下痢などになる場合もあります。
そして、重症のものとなると、意識が突然途切れる意識喪失に陥る場合や、頭が朦朧とし、意味のないことを話始める場合もあります。
 熱中症の重症には、主に脳が影響します。
脳に何かしらの障害が出ることで、最悪の場合には、死亡する可能性があります。
そして、脳に障害が出るので、記憶喪失になる場合もあります。
一時的なものが主ですが、今まで自分が何をしていたのかを思い出せなくなるという症状が表れます。
 熱中症予防としては、適度な水分補給が一番効果があります。
定期的に水分を摂り、熱中症を回避することが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加