MENU

記憶喪失と頭痛の関係

スポンサーリンク

記憶喪失になったとき、無理に思い出そうとする方は少なくありません。
しかし決して無理に思い出そうとすることはしてはいけません。
記憶の順番がバラバラになったり、頭痛を引き起こします。
頭痛は強い痛みを伴うことも多く、ショックで気絶すらしてしまう人もいるほどです。
もし思い出そうとする場合にも、三分以上思い出そうとむりをするのは危険だといわれています。
また脳震盪が原因で記憶喪失になった場合、発症後すぐに頭痛を引き起こす場合もあるので薬をもらうことも大事です。
また一酸化炭素中毒が記憶喪失の原因となる場合、まず記憶障害の前に頭痛が表れることもあります。
このように発症前に頭の痛みを感じるケースもあるので、非常にこの頭の痛みと記憶の喪失という二つは関わりが深いものといえます。

スポンサーリンク

最近ではうつによって記憶障害の症状が出てくることもわかっています。
これは事故に巻き込まれてショックで一時的な記憶喪失を起こすのと同じく、短期的な記憶障害とされています。
そこで抗うつ薬が処方されますが、この抗うつ薬には頭痛、眠気、吐き気や集中力低下などの副作用が含まれます。
また記憶喪失となる事故、頭や体を打ったり、転倒したりの直後には頭の痛みを感じやすいものです。
記憶喪失にとって頭痛はつきものです。
しかし頭の痛みを感じたときにはまず痛みをやわらげることに徹し、記憶を取り戻すのは自分だけの力でしようとはせず他者とゆっくり記憶をなくす前のものに触れたり、医師と催眠療法を試したりしながら治療していくことが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加